「ぱぱっと」計算 02: 振り幅

ゴルフ

前回、「ぱぱっと」計算ではパターのスイングを振り子運動と仮定するものと説明しました。演算の結果、パターヘッドがボールに衝突する直前の速度が分かったところですが、それでは具体的にどのようなスイングをすればいいのでしょう。そう、答えは既にあります。角度θ°のスイングをすればいいのです。… わかるかー!

パット距離を調整する最も一般的な方法は振り幅ですよね。雑誌や動画などを見てもその説明が多いのでアプリ「ぱぱっと」で提案するのは振り幅としています。この選択はあまり迷いませんでしたが、少し悩んだのは角度θ°の表示を行うか否か。私は角度表示の方が分かりやすいよ、という方はおられるでしょうか。スイング角度が45°を越えるようなパットの場合は角度表示が分かりやすいかもしれません。もし要望が多いようなら表示切り替え機能を設けようかな。

さて、角度θ°から振り幅を計算するのは簡単です。

$$スイング幅=2Lsin\theta$$

この式を計算し、弦の長さを求めます。弦の長さがスイング幅の半分なので2倍ですね。身長170cmで振り子の糸長が140cmの人が角度θ=9°のスイングをする場合、スイング幅は 22 cm となります。

以上で振り幅の計算は終了です。

タイトルとURLをコピーしました