「ぱぱっと」計算 09: 狙う方向のずれ

ゴルフ

前回、仰角ラインとレスポール🎸について説明しました。ボールがグリーンオンし、これからパットをするものとします。仰角ラインを選びレスポールを算出できれば、あとはカップインを目指してパットをするだけ。と、単純だといいのですが残念ながら違います。

図を見て下さい。

 

距離 5m、傾斜が3°のパットです。「ぱぱっと」 計算ではレスポールがカップから 147 cm となりました。しかし、ボールの軌跡は残念ながらカップインするそれではありません。このように、グリーンの傾斜が大きくなると正しいレスポールを算出できていません。特に、下図のように上り傾斜でずれ量が大きい傾向です。

そこで、「ぱぱっと」 では再計算を行う機能を設けています。これはカップには入らないな、再度アプリ側で考え直して欲しいなとなったら、最初のボール位置をダブルクリックして下さい。すると補正計算を実行した上で改めてカップインするラインを提示します。こんな感じでオレンジのラインを示します。

レスポールはスペシャルでユニーク(唯一)な点だといっときながら傾斜が大きくなるとボールの位置によって多点となってしまいます。面白くもなんともなくて残念ですが、メニーポールです。この問題を解決し、単一レスポールにならないか、検討はまだまだ続きます。

タイトルとURLをコピーしました